〜競技後の人生を心震える人生にデザイン〜

『現役選手を引退したら…』

現役選手としての人生には必ず終わりが来る。

そんな時、誰もが直面する問題として“引退後の人生をどのようにデザインしていくか”が挙げられる。

特に競技者として、晩年が近づいてくると、引退後のキャリアについて考える時間も自然と増えてくる。

しかし、

『競技引退後に何をしたいか分からない。』

『自分が競技以外でやれることはなんだろう。』

『自分にはこの競技しかない。』

このような気持ちを抱きながら、答えの出ない悩みを考え続けているのではないだろうか。

そのモヤモヤした気持ちを抱えながら競技と向き合うのは非常に苦しいことでもある。

競技から離れれば、引退後の人生について考えてしまい、リラックスできるタイミングすらない。

そして気付いたときには、無意識に引退後の情報ばかりに意識がいってしまう。

さらに、周囲の人からの声などがセカンドキャリア問題に追い討ちをかける。

結果、現役選手として今この瞬間に集中できないという状況に陥る。

晩年が近づくほど競技に集中することができないと、競技者として続けていくことすら危ぶまれる。

競技に集中することが、現役選手人生を延ばす為にできる方法なのに、引退後が不安で考えてしまう。

そんな相反する気持ちと葛藤しながら現役選手としてプレーしていった先にどんな未来が待っているのだろうか。

『自分の本当にやりたいことって何なんだろう。』

引退後の人生が不安で現役選手として今この瞬間に集中することができない。

そして、選手としてのキャリアは短くなり、引退後のキャリアに明確な目的もないまま、引退を迎えることとなる。

 

その結果、

『何をしたらいいのか分からない、何ができるのか分からない、何が幸せなのか分からない』

という状況になり、

『社会的に、常識的に、周りの人が認めてくれるから、収入がいいから、安定しているから』

といった外発的な動機でセカンドキャリアを選択してしまう可能性が高い。

 

外発的な動機で選択したセカンドキャリア。

“そこには現役選手時代に感じた心震える瞬間など存在しない。”

『あっという間に時間は過ぎていく。』

“なんとなく生きていく日々”

“現役選手時代が人生のピークだった”

“心が震えたり、ワクワクを感じることができない人生”

 

そんな日々に何を感じるのか。

現役選手時代の自分が見たら何を思うのか。

そのようなセカンドキャリアで納得がいくのだろうか。

 

時間はあっという間に過ぎていく。

人生は一度きり。

『競技引退後も心が震えるような人生があると分かっていたら。』

しかし、現役選手引退後にも心が震えるような人生があると分かっていたらどうだろうか。

きっと現役選手として、今この瞬間に集中することができ、引退後の人生にも不安を感じることなく迎え入れることができるであろう。

 

私自身も現役選手を引退してからキャリアをデザインすることに苦労を重ねた。

しかし、どんなに先が見えないような日々でも自分次第で輝かせることが出来るのだと実感した。

 

その実体験からセカンドキャリアを心震えるものにするために何が必要かを言語化することができた。

ここから先にその内容が綴られているので、競技後の人生を心震える人生にデザインしたい方には是非とも確認して頂きたい。

『きっかけはプロサッカー選手という目標を失ったこと』

アスリートのセカンドキャリアについて考えるようになったきっかけ。

それは、私が燃え尽き症候群によって“プロサッカー選手”という目標を失った過去から。

 

その後、選択したキャリアは消防士。

人命を守れるということにやりがいを感じていたのは事実。

しかし、心の奥底では、“他人からの承認を得たかったり、公務員だから生活が安定している、世間的には良い仕事と言われるから”というような外発的な動機の方が強かった。

 

結果、外発的な動機で選んだ引退後のキャリアに、現役選手時代のような心が震える瞬間はなかった。

今でも現役選手時代のことを振り返ると、競技後のキャリアについて、“社会的に、常識的に、周りの人が認めてくれるから、収入がいいから、安定しているから、というような外発的な動機で決める人生”ではなく、“心が震え、想像するだけでワクワクするような内発的な動機で決める人生”を選択できるメンタリティあればよかったなと感じる。

 

幸いにも現在は、自分にとっての人生のテーマが見つかり、そのテーマを実現するためにスポーツメンタルコーチとして充実した日々を過ごせている。

もちろん心が震えるような瞬間もあるし、心の底からポコポコと沸き続けているようなワクワクを感じられている。

 

そんな外発的な動機で競技引退後のキャリアを決めていた私が、なぜ現在は心が震え、ワクワクが沸き続けるような日々を過ごせているか。

振り返ってみると、消防士を辞めたタイミングから徹底していることがあった。

 

それが『自分の心の声に正直になって生きる』ということ。

どんなに上手くいかないときや、苦しいときでも自分の心の声だけには正直になると決めていた。

そんな信念を持ち続けた結果、自分が生涯かけて実現したい人生のテーマに辿り着くことができた。

『キャリアの8割は偶発的な要素によって決まる』

自分の心の声に正直になって生き続けた結果、心震えるような競技後のキャリアをデザインすることができた。

さらに自分自身の現在のキャリアになるまでの行動を因数分解していくと、ある理論と一致することに気が付いた。

それが、『計画的偶発性理論』である。

 

計画的偶発性理論とは、スタンフォード大学で教鞭を取った心理学者のJ・D・クラムボルツらが1999年に提唱したキャリア理論。

計画的偶発性理論では、“キャリアの8割は偶発的な要素によって決定される”ということが前提となっている。

 

つまり、将来のキャリアデザインをいくら綿密に行ったとしても、“予定通りに進むかどうかは運次第”ということになる。

だからこそ、“偶発を計画的に導くことが大切であって、その偶発性の積み重ねによってキャリアアップしていくべき”だと言える。

そして、偶発性を計画的に起こす行動特性として、以下のように述べられている。

 

①好奇心

②持続性

③柔軟性

④楽観性

⑤冒険心

 

この5つの行動特性を無意識に行っていたことで、あの頃の私にとっては予想もできないようなキャリアをデザインすることができた。

 

では現役アスリートとして何を大切にすべきか。

それが、“今この瞬間に集中すること。”

周囲の人間からの声など気にせずに。

 

なぜなら、“キャリアの8割は偶発的な要素によって決まる”からである。

そして、その偶発性を計画的に生み出す方法はある。

 

どんなアスリートでも、今この瞬間に集中し、計画的に偶発性を生み出していく。

そんな日々を積み重ねていくことで“心震える人生はデザインされていく”のである。

『人生のピークはこれからも永遠に続いていく』

私は現役アスリートの方々に、生涯かけて心が震えるような人生を送ってほしいと願っている。

『社会的に、常識的に、周りの人が認めてくれるから、収入がいいから、安定しているから』よりも『心が震え、ワクワクが湧き続けている』そんな人生をデザインしてほしい。

何よりも、人生のピークは競技者として生きている期間だけではない”と伝えたい。

あなた次第で、

『人生は心震えるものになる』

あなた次第で、

『人生はワクワクに溢れたものになる』

あなた次第で、

『人生のピークは永遠に続いていく』

どんなときでも、

『人生を変えられるのは、他人ではなく自分自身である』

 

そして今回、一人でも多くのアスリートが競技後も心震える人生を送れるきっかけになれたらと思い、アスリートのセカンドキャリアについて無料カウンセリングを行うことにした。

現役選手引退後の人生についてどんな些細なことでも相談してもらえたら嬉しい。

限定100名 セカンドキャリア 無料カウンセリング(15分) 募集中

【どんな方にセカンドキャリア無料カウンセリングがお勧めなのか?】

▶︎セカンドキャリアを気にすることなく、競技に集中したい。

▶︎心からワクワクするような人生を歩み続けたい。

▶︎生きる目的を見つけたい。

▶︎現役引退後の人生も、現役時代に感じた心震える感動を味わいたい。

▶︎自分にしか描くことのできない人生をデザインしたい。

など、セカンドキャリアへの悩みをクリアにし、現役引退後の指針を見つけたいという方に向いています。

いずれにしても、『現役引退後の人生を心震えるような人生にしたい』という方が対象です。

【プロフィール】

プロスポーツメンタルコーチ 加藤優輝
Pro Sports Mental Coach Yuki Kato

6歳から22歳までプロサッカー選手を目指していたが、燃え尽き症候群により現役引退。

その後、人命に関われる仕事に魅力を感じ、消防士という職を選択。

消防士として社会貢献していく中で、夢や目標に向かっている人をサポートしたいという思いが沸き起こり消防を退職。

退職後、自分自身が燃え尽き症候群になってしまった原因を解明すべく、パフォーマンスアップのためのトレーニングや脳科学、心理学などのメンタルについて専門家のもとで学ぶ。

その後、元日本代表プロサッカー選手や海外プロサッカー選手、国内プロサッカー選手、アマチュア選手などのメンタルとフィジカルをサポートし、サッカーチームでも様々な年代の選手をサポートする。

現在はプロ・スポーツメンタルコーチとして、自身のライフテーマでもある、『誰もが心の声に正直になって生きられる世界』を目指して活動中。

PAGE TOP