競技人生を豊かにするには時間をどう使うかで決まる

2021年1月21日

こんにちは!

プロスポーツメンタルコーチの加藤優輝です。

本日は、競技人生を豊かにするための時間の使い方についてお話したいと思います。

アスリートの方にとって競技人生に関わる時間とは一体どこからどこまでの時間のことを言うでしょうか?

僕は1日24時間の全てが競技のための時間であると思っています。

練習の時間はもちろんのこと、食事や睡眠、移動中、自由な時間など、何もかもが競技に繋がっていると考えます。

これらのことは、意識されている方も多いと思います。

では、競技人生を豊かにする為に時間をどのように使うと良いのか。

それは、24時間という限られた時間の中で、どれだけ競技人生に繋がっている時間として捉えることができ、一つ一つの行動が競技人生の何に繋がっているのかを理解した上で過ごせているかになります。

つまり、1日24時間の中でやっていることを競技のための時間として、どれだけ結びつけることができるか。

ここが大切です。

例えば、

睡眠の時間をただ眠るだけにするのではなく、睡眠の質を高める工夫をする。

風呂の時間を疲労を残さない為の時間として交代浴をする。

フリーな時間に目的もなくスマホをしている時間を読書する時間に変える。

移動中にその日の練習を頭の中で振り返る。

これらのように、ただ何となく過ごしている時間を意識次第で、競技人生のための時間に変えることができます。

少しの意識で、行動を競技人生の為の時間として結びつけることが可能です。

そういった積み重ねを当たり前にやっている人だけが見れる景色があると思うのです。

競技者としていられる時間は長い人生の中で考えれば、ほんの一瞬です。

そんな競技人生を豊かなものにする為にも、時間の使い方を意してみるのはいかがでしょうか?

変化するきっかけになれれば嬉しいです^^

ではまた✋

【絶対に目標を達成したいアスリート確認必須↓↓↓↓】